自分に合う治療

自分に合った治療を選択しましょう

歯が痛かったり、虫歯になると歯科医に診てもらう人が多くいます。歯の病気の治療をメインにした歯科ではなく、歯の美しさを追求した美容面をメインにしている歯科に審美歯科があります。審美歯科では歯の白さ、歯並び、バランスのとれた歯茎など、口腔内のすべての美容を手掛ける歯科です。芸能人がほほ笑むと歯の白さに驚きますが、歯に対して美しさを保つために、見えない努力をしています。最近では人と接する時、いかに口元が重要な印象を与えるか、意識している人が多くいます。施術にはさまざまな方法があり、大きく分けて、歯を白くする方法と歯並びを良くする方法があります。施術によっては定期的にメンテナンスしないと元に戻ってしまうものや、自分の歯の一部を削るリスクを負ってでも修復する場合があります。治療方法は歯科医としっかり相談しましょう。

歯の施術はメリットとデメリットがあります

審美歯科で歯を白くする方法の代表的なものに、ホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは高濃度の薬を歯に塗り込み、ハロゲンライトを照射する施術です。一度で白さが自覚できるもので、短期間で白くしたい人には向いていますが、時間が経つとともに白さが失われていきます。ラミネートベニアは、自分の歯の表面を少し削り、セラミックの薄い板を直接貼り付けます。耐久性が良く、歯並びにも効果的な施術です。また、オールセラミックは陶器のようなセラミック素材を利用して差し歯や詰め物を施し、強度で固すぎない天然に近い仕上がりになります。セラミッククラウンは歯の隙間や大きさの不揃い、歯並びの悩みに効果的な施術です。セラミック製の被せ物をして、見た目を修復します。審美歯科で、自分の悩みと歯の特徴に合う施術を選択してもらいましょう。